スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の思い出(2)

その2は主にゲームの話。

ゆーて、そんなにゲームやってないです。

艦これとスクフェスしかやってないです。

この二つはけっこうな時間、濃密にやってますけど。

その分、それ以外のゲームは全くと言っていいほどやってないですね。

あれだけ楽しみにしてたはずのモンハン4Gなんかパッケージ開けてすらないですもん…。





それじゃあまずはスクフェスの話。

今Rankは180を過ぎたあたり。

LPが120ポイント近くなって、逆にLP管理が難しくなってきました。

いや、ただ慢心してるだけです。油断しまくりです。

なにせ一度LPを空にすると、12時間近くプレイしなくてもLPが溢れることがないわけで。

そりゃあ油断もするよねー(○・▽・○)

LP溢れさせまくりです。

微妙に120あるわけじゃないので、メドレーフェスでもLP60消費の組み合わせを2連続でプレイすることもできずに。

それでもRank180というのは、スクフェスユーザ全体の上位数%のハイランカーということになるらしく。

さすが配信初日からの古参だぜ!ってな感じ。

それでも最近はさすがにモチベ下がり気味で…。

すべてのイベントにおいて報酬SRは獲得してきましたが、だんだんその獲得の日時が遅くなってきて。

イベントのない期間なんかログインボーナスを貰うのを忘れることもありました。

まあ、このまま引退なんてことは当分の間ないでしょうが、なかなかモチベを保ち続けるのも難しいですねぇ…。






一方、艦これのほうはというと。

結論から言うとこっちもけっこうダレてますねー…。

イベントの成果だけを見ても…


・2014春イベ:完全勝利S。最深部までクリアすると同時に、イベントドロップ艦もすべてゲット。

・2014夏イベ:敗北D。E-6攻略失敗。イベントドロップ艦はすべてゲット。

・2014秋イベ:勝利A。最深部までクリアするも、朝雲ゲットならず。



こんな感じ。

特に夏場が死ぬほど忙しかった……というほどでもないですが、精神的にも体力的にも辛くてねぇ。

時間があったら寝る、っていう生活してたので…。

大和型2隻を投入してE-6のゲージを4分の3ほど削るとこまではいっていましたが、結局期限内に削りきれずタイムアウト。

秋イベもE-5にイラッとしたのと、夏イベで大和型使う場面ならさっさと使えということを学んだのとで、大和型を投入してE-5は案外サクっとクリアしました。

が。結局朝雲を拾うことがデキませんでした。

あー、そういえば、未だに初風も拾えてませんね…。

今現在(2015年1月15日時点)の艦娘コンプリート率は205/210で、97%だそうです。

持ってないのが初風、磯風、朝雲、あきつ丸、あきつ丸改の5隻。

現状通常プレイで手に入らない磯風と朝雲は仕方ない。

3-4ボスS勝利でしか入手方法がないツチノコこと初風も…。うん。

大型建造であきつ丸だけを狙う、というのも…、まあ、うん…。

次の冬イベで狙っていくぞーっと。

ちなみに今の私の司令部レベルは110です。

こちらも全サーバでも上位数%のハイランカーということになる模様。

しかも2013年8月1日にプレイを開始した私なんかペーペーの新参だと思ってたら、今年で艦これ3年目な以上、私も十分古参の域に入るらしい。

やー…そっかー…。

どうりで、私が艦これ始めた当時はTLに提督は4~5人しかいなかったのに、今ではちょっと数えきれないほど提督いるわけだ。

艦これはアニメも始まりましたし、そのうちアニメのほうの話も書きましょう。










おわりだよ~

2014年の思い出(1)

さっき新年の挨拶したとこですけど、いきなり2014年を振り返ります。

2014年は全然ブログ更新しませんでしたしねー(○・▽・○)

そうだね~、まずはライブ行った話にしましょうかねー。

昔はライブに行くたびにそこそこ詳細な自己満足オナニー全開レポを上げる程度には頑張ってましたが。

去年は全然でしたねー。

それでもライブはけっこういっぱい行きましたよ。

とりあえず参加したライブを挙げていきましょうか。



1・2:ラブライブ!4thライブ両日@さいたまスーパーアリーナ

3:angelaライブツアー大阪公演@梅田AKASO

4:ランティス祭り東海@ナガシマスパーランド

5:日笠陽子1stライブツアー大阪公演@オリックス劇場




あ、これだけか。思ったより行ってませんでした…。

ホントは寿美菜子ライブツアー@神戸とか、angelaの神戸ライブとか、三森すずこ1stライブツアー@大阪とか。もっといろいろ行きたかったですねー。

カネとスケジュールさえあえばアニメロサマーライブとか、ランティス祭り@東京とかも行きたかった…。

貧困が悪いよ貧困が~。





じゃあ、まあ、せっかくなんで感想とか書いていきますか。

まず、ラブライブ!の4thライブね。

3rdライブがねー、ライブビューイングしかとれなくて。

けっこう悔しい思いをしました。

4thはぜひとも現地に行きたい!と思っていたところ、なんと両日分のチケットをBD先行で確保出来まして。無事両日参加となりました。

倍率いくらだったんですかね…。考えるのも恐ろしいですね。

で、ライブ初日の朝、新幹線でいざ遠征!的なね。

甘かったですね、読みが。

見事に例の大雪に見舞われまして。新幹線が予定より3時間近く遅れて東京駅に到着。

ゆーて、その時点で12時過ぎ程度だったので。

ちょっくら昼飯でも食ってゆっくり会場行くかァ!なにせチケットはあるかんなー!!

とかやってると。

雪で在来線が遅れ、最終的に止まる止まるw

慣れない東京で乗り換えにつぐ乗り換えを強制されるハメになりました。

そんな感じでわりとギリギリに到着した初日でしたが。

座席がアリーナ!

…といってもけっこうメインステージからは遠くてですね。可もなく不可もなくといったところでした。

まー、でも、あの会場で「硝子の花園」での、歓声というより”悲鳴”をナマで体感したのはなかなか面白い体験でした。

そんで4thライブ2日目。

さすがにこの日は余裕を持って会場入りしました。もう電車も遅れ解消してたから慌てることもなかったんですけど。

ちなみに席は400レベル。

はっきり言ってライブビューイングのほうがよっぽどマシなくらいだと思われます。

ただ”ライブ当日に現地にいた”というアドバンテージを得られる程度の席。

LOVELESS WORLDのときにくっすんが音ズレしてたのを一気に引き戻したとこはこの日最大の見せ場なんじゃないかって思いましたね。

ライブBDでは修正されてましたけど!








次はangelaのベストアルバムのツアーですねー。

ホントは大阪だけじゃなくて神戸のにも行くつもりだったのですが。神戸の日は都合が合わず断念。

すでに2015年はアルバム発売とそれに伴うツアーの発表もされてますが、今回は神戸が入ってないんですよね。

それがますます悔しさに拍車をかけるぜ!

2014年はシドニアが出た後でもあって。

やっぱシドニアめっちゃ盛り上がるわー!

どうやらアニサマでもシドニアでめちゃくちゃ盛り上がったそうですね。アウェイとまでは言わないまでも、ホームってわけでもないあの場でそれだけ盛り上げれるangelaはやっぱり凄い!

そういや、この頃すでに「シドニアでアニメーション神戸とるぞー!」って宣言してましたねぇ。

私もアニメーション神戸はシドニアに票を投じましたが。

アニメーション神戸主題歌賞受賞、実現しましたねー。これもめでたい。

うん。ロビー活動の成果ですね。

あ、ライブとは違いますが、アニメーション神戸の授賞式、私も見に行きました。

そこでももちろんangelaがシドニア披露してました。

授賞式という厳かな場で、あそこまで客をノせるangelaはやっぱり凄い!!!








そして、ランティス祭り@東海。

主にμ's目当てでの参加。

青春18切符使ってみようかと思ったのですが、それだと当日行って帰ってくることができないらしく。新幹線を使うことに。

東京まで行くのとそこまで値段かわんねぇ…!

名古屋怖い!てか名古屋で降りたの初めて!

もちろん三重も、ナガシマスパーランドも初めてでした。

特に名古屋及び三重で遊ぶ時間なんてなかったがな!

きしめんすら食べる時間がなかったわ…。

で。

μ'sはねー…東海では新曲とか歌わなかったんですよねー…。

アニメロで「それは僕達の奇跡」を初披露したんでしたっけ…。

ぐぎぎぎ…!

でもOLDCODEXとか小野賢章くんとか初めて見れたんですけど。すっごいカッコ良いですね。

あとZAQ!

Sparkling Daydream聞けた!サイコー!

夢ならたくさん見た(σ回ω・)σ←↖↑↗→↘↓↙





最後は日笠の1stライブツアー@大阪。

日笠はねー、一昨年の1stライブを見に東京行った程度には好きですよ。

なのでホントは最初の東京とオーラスの東京にも行きたかった。

まあ、お金がね…。仕方ない。

そういえば初日のライブとオーラスZeppのライブが円盤になるそうですね。



買うか。

日笠ライブはアンコールのコールが独特ですよねー、1stライブの時から。

アンコール!じゃなくて「日笠!陽子!」って叫ぶからね。

そしてサービス精神ね。いいよね。

ダブルアンコールの〆は客席からのリクエストに応えるわけだけど、その曲で何かしら失敗するのが恒例みたいで。

失敗後にもう1曲リクエストに応えるのもお約束のようですね。

日笠の人柄というか。そういうのがダイレクトに感じられるのが良いです。

2015年も勢力的に歌手活動してもらいたいですねー。










昨年はライブの数自体は多くないですが、フェスの参加もあっていろんなアーティストを見ることがデキました。

でも!

会場の盛り上がりはangelaがナンバーワンでしたね!

angelaの盛り上げ方がダントツで上手いというのもありますが、angelaの楽曲はライブで盛り上がるような仕組みがふんだんに組み込んでありますから。

やっぱりangelaが最強だよねー(○・▽・○)

2015年!!!!

明けました~!

おめでとうございますー!\(●・▽・●)/

2015年ですねー!

みなさんは2015年を迎えていますかー(○・▽・○)?






……。

いや、無理だわこのテンションで書き続けるの…。

すごいわ、あの麻倉ももとかいう子。すごいポテンシャルだわ。

はい。

改めまして。

明けましておめでとうございます。

もう1月の中旬ですけどね。2015年初更新ですから。挨拶大事、とても大事。

最後の更新から3ヶ月?4ヶ月?それくらいみたいですね。

やー…パスワードを忘れましてね。管理者なのにログインできませんでした。

元々ブログに対するモチベーションがダダ下がりだったところへ、ログインすらできなくなるっていう(笑)

そりゃ更新しなくなるよねー(-^〇^-)あはは

最近は思ったことを脳直でTwitterに書き出しするようになったのも大きいですねー。

言いたいことや書きたいことをTwitterでほぼ済ませてしまってますねー。










でもオイラ、ブログは辞めないよ!











おわりだよ~

グッバイメイズエンド

昨日のFNMで実質的に現在のラヴニカへの回帰ブロック~テーロスブロックからなるスタンダードは終了しましたね。

ラヴニカの回帰ブロックが落ちるのは非常に寂しいです…。

なにせ私がMTGに復帰したのがラヴニカへの回帰からでしたから。

最初はラヴニカへの回帰のプレリリース参加から始めて。

ギルド門侵犯の頃にはFNMに参加するようになり。

その頃はイニストラードブロックが現役だったので、ドランリアニ隆盛の環境でしたねぇ…。

私はといえば電波デッキの魅力に取り憑かれ、先端生物学者に無限反射をつけて勝つ!なんてデッキを使ってました。

全体除去はおろかピン除去1枚でプランが破綻する弱小デッキでしたか…。

その後、ドラゴンの迷路で登場した迷路の終わりというカード。

最初は「さすがにトロすぎでしょwww」とバカにしていましたが、『迷路の終わりコントロール』というアーキタイプがRTRブロック構築でそれなりの成果を残してました。

これを見て電波デッキユーザの血が騒ぎ、私も迷路の終わりコントロールを作成。なんだかんだで、一番長いこと使い続けたデッキになりました。

いや、その間に緑単信心、赤単信心、赤単スライ、赤単アグロとか、いくつかデッキを作ってはいましたが。

しかし、使ってて一番楽しかったのが迷路の終わりコントロール……長い、以下略して終わコン、でしたね。

いやほんと、『特殊勝利』はいいものです。

というか、迷路の終わりの条件を達成して特殊勝利することで、相手が「こんな変なデッキに負けるのかよ…」と絶望するところが最高でした。

特に、負けの言い訳を土地事故にする相手を見たときはm9(^Д^)プギャーって感じで。こっちのほうが土地事故への恐怖ハンパないっつーの!

一見、ギルド門を揃えるまで耐え抜くマゾヒズム溢れるアーキタイプですが、一度場をコントロールしだすと、逆に相手の首を真綿で締めていくような、そんなサディスティックなデッキ…というのが終わコンの本質なのだと私は気付きました。

終わコンの強みは、相手が完全にノーマークなので対策をされにくい事、これにつきます。

相性としては中低速のミッドレンジや、いわゆる重コントロールあたりが良好で。カモみたいなもんでした。

逆に、高速アグロ、バーン、黒単信心、LOあたりが天敵でしたね…。

ぶっちゃけ、環境が黒単信心に席巻され、M15前後で赤単アグロやボロスアグロ、そして扇動者赤単が出てきたりと、テーロス以降ずっと不遇なアーキタイプでしたが…。

それでも一定数存在するミッドレンジやコントロールを喰ってそこそこの成績を残せました。

昨日の現環境ラストのFNMでも華々しく3-0の成績を……残せればよかったのですか、結果は1-2と微妙すぎる感じに…。







それはともかく!

迷路の終わりコントロールについて今更解説していきたいと思います。

まず、デッキ名にもなっている迷路の終わりについて。

このカード、テキストが長く、しかも書いてあることが明らかな地雷カードで、効果や勝利条件を把握してない人がたくさんいました。

カードに書かれてることは3つの段落に別れてまして。

一つ目は、このカードがタップインする土地であること。

2つ目は、このカードが生み出すマナは無色1点であること。

そして3つ目がこのカードの根幹を成す部分。

つまり、ギルド門をサーチして場に出して勝利する効果ですね。

一番重要であるこの部分が特に勘違いされやすい部分でもあるわけで。

まず、起動コスト。3マナの支払いとタップ、そして迷路の終わりを手札に戻す、というところまでが起動コスト。

これを3マナとタップまでがコストだと思ってる人がたまにいるようです。手札に戻すところまでがコストです。

スタンダードでは問題にならなかった細かい差ですが、たとえば起動に対してもみ消しを打たれた場合、手札に戻るのがコストの一部であるのと、起動効果の結果として手札に戻るのでは違いが生じます。

前者はもみ消しされた場合、手札に戻るのを防げませんが、後者だと手札に戻さずに済むわけです。

思考囲いの2点ライフロスが追加コストではなく効果の一部なので、思考囲いを打ち消しても相手はライフロスしないのと同じようなもんです。

次に、ギルド門をサーチし、場に出す効果。

ギルド門自体がタップ状態で場に出る効果を持っているので、迷路の終わりの効果で場に出してもアンタップで場に出るということはありません。

これはフェッチランドで持ってきたショックランドはそのままだとタップインするのと同じです。進化する未開地で持ってきた基本土地がタップインするのとはワケが違います。

また、これも間違えてる人がたまにいましたが、迷路の終わりでサーチしたギルド門を場に出すのは『土地プレイ』ではないので、このあと手札から1枚土地をプレイすることが可能です。ほとんどの場合、手札に戻った迷路の終わりをそのまま場に出すことになりますけど。

ちなみにこの部分、実はデッキに欲しいギルド門が無かった場合、ギルド門をサーチせずに終わらせてもかまいません。通常あまり意味はありませんが…。

そして、テキストの最後の勝利に繋がる効果。

ギルド門をサーチしたあと、自分の場に出ているギルド門、正確には『門』というサブタイプを持つ土地の数をカウントし、10種類揃っていればその瞬間に勝利確定、というもの。

10枚、ではなく10種類です。

ここを勘違いしている人が特に多かったですね。

そりゃ、こっちだって10枚でいいならそっちのほうがいいよ!

でも10種類なんですよねぇ…。つまり全てのギルド門ってことですわ…。

なお、これもスタンダードでは問題になりませんでしたが、現在『門』というサブタイプを持つ土地はラヴニカへの回帰とギルド門侵犯で登場した各ギルド門の全10種類だけですが、今後、例えば新しくラヴニカが舞台になるエキスパンションが出た時に新しい門が登場するかもしれません。

あるいは、ラヴニカ以外を舞台にしたエキスパンションでも門というサブタイプを持つ土地が出てくる可能性はあります。未来予知で発掘や変異を持つ土地が出たわけですから。

さらに、何らかの方法で門でない土地に門というサブタイプを付与することが可能になるカードが出てくることも考えられます。流石にそこまでするなら普通に既存のギルド門を使えばいいと思いますけど。





さて。迷路の終わりの効果解説もしたとこで、迷路の終わり及びギルド門を使う上での小技をいくつか紹介したいと思います。

まず、最序盤の展開について。

手札にギルド門数枚と迷路の終わりがある場合、当然ですが先に出すのはギルド門です。

色マナを出せることのほうが大切ですし、何より迷路の終わりの起動には3マナかかるので、最序盤に出す土地として迷路の終わりは不適当。

次に、手札に門を這う蔦と緑マナのでる土地、ギルド門(か迷路の終わり)がそれぞれ1枚以上ある場合の展開の仕方について。

1ターン目にタップインする土地を出し、2ターン目にアンタップインする土地を出して、出た2マナで門を這う蔦を召喚、というのが理想的な流れ。

ギルド門や迷路の終わりを展開するよりも序盤で場の最低限の守りを固めつつ、デッキ圧縮、3ターン目以降のマナ安定を狙うほうが優先です。

序盤で持ってくる土地としては、デッキ内のカードの色の比率次第ですが、5ターン目くらいには確実に一度撃てるように構えておきたい至高の評決のために、白2マナ、青1マナの支払いができるようなギルド門の並び方が理想。

で、アゾリウスやセレズニアのギルド門は他のギルド門より多めに積むため、後でドローする可能性も高く、ボロスのギルド門だと赤マナがほぼ不要なので、黒のピン除去も構えられる(構えているというブラフにもなる)オルゾフのギルド門がベスト。

それ以降は門を這う蔦なり迷路の終わりなりで必要に応じて欲しい色を出せるギルド門をサーチしていけばいいですが、やはり必要な色は白>緑≒青の順番でしょう。

そうなると、必然的に赤絡みの土地の優先順位が下がり、ラクドスのギルド門あたりが最後まで選ばれることない土地になりそう。

戦慄掘りをいっぱい積んだデッキならまた違ってくるでしょうが。

次に、中盤で手札にまだ場に出てない種類のギルド門を引き込み、かつ場の迷路の終わりを起動可能な状況について。

この場合、迷路の終わりを起動して、そのまま迷路の終わりを場に出すのではなく、手札にある新しいギルド門をセットしてしまいます。

一見次のターンに迷路の終わりを起動できないので損をしているようですが、実は展開できる土地の数は変わらないし、次のターンに色マナ一点分の安定性を得られます。

そして終盤、具体的には場に7種類以上程度のギルド門が揃っている状態で、まだ場に出ていないギルド門を引き込んだ場合の小技。

この状態なら、中盤用の小技を使いません。恐らく色マナの安定は十分確保できているでしょうし。

こういうときは、そのギルド門を手札に温存しておき、8種類のギルド門が場に揃っている時に、手札からギルド門をセット、迷路の終わりを起動、という順番でプレイします。

こうすることで、1ターン内で2種類のギルド門を追加しそのまま勝利できます。1ターンとはいえ、キルターンが確実に速くなるので、積極的に狙っていきたい小技です。








では、終わコンの天敵カードについて、対策方法を書いてきましょうかね。

アスフォデルの灰色商人…本質の散乱や解消、雲散霧消などのクリーチャーに対する確定カウンター。静翼のグリフもいますが、コイツはややデッキと噛み合わないか?

真髄の針…ファイレクシアの破棄者と違ってコイツは土地の起動能力も封じてくるので絶対割りたい。拘留の宝球や払拭の光で追放、クリーチャー除去にも使える化膿、エンチャント対策にもなる摩耗+損耗あたりが有効。

各種プレインズウォーカー…否認でもいいですが、真髄の針が突き刺さります。特に、相手が記憶の熟達者、ジェイスや悪夢の織り手、アショクを使うのが分かっているときは先置きして封じ込めないと負け確定です。プレインズウォーカー以外でも、霊異種や変わり谷などの起動型能力がやっかいなカードの対策にもなる便利なカードです。

嵐の息吹のドラゴン…アゾリウスの魔除けや拘留の宝球が効かず、速攻も持っているため至高の評決があっても一度は攻撃されてしまうこのカード。普通に破滅の刃や究極の価格などの黒のピン除去が刺さります。

幽霊議員オブゼダート、ヴィズコーパの血男爵…プロテクションや黒を含む多色なうえ、オブゼダートにいたってはソーサリータイミングの除去も効かないという。滅の刃、究極の価格、アゾリウスの魔除け、拘留の宝球、あたりが効かない強敵。コイツらに刺さるのが急速混成。

霧裂きのハイドラ…オブゼダートや血男爵と逆に、急速混成とアゾリウスの魔除けが刺さらないコイツは普通に破滅の刃や究極の価格が効きますね。




こんなところでしょうか。

まあ、どうしてもカウンター以外で対応しにくく、相手がデッキに複数枚とっているようなカード、灰色商人や記憶ジェイスなんかは、殺戮遊戯で抜き取るのが一番だったりしますね。






最後に、モダンやレガシーでの終わコンの可能性について。

結論から言いましょう。

ワンチャンないです。ノーチャンスです。

遅すぎます。

デッキ内の土地がほぼタップイン、迷路の終わりの起動に実質4マナ以上かかる、とスタンダードでもその遅さが際立っていたデッキが3ターン以内に勝負を決めに来るような環境を戦い抜くことは不可能でしょ…。

原子のタイタンや、壌土からの生命が使えたってダメなものはダメ。

ランプデッキじゃあないですし。

仮にショックランドの門バージョンが出たとしても、自らライフを支払っていくことが自分の首を締めるだけの構成な以上ね……。

ということで。

くぅ~!疲れました!これにて迷路の終わりコントロール終了です!!

angela Live Tour 2014 THE BEST!!@大阪

はい。

行ってきました。

angelaのベストアルバムのライブツアー@大阪に。

会場は例年通り梅田AKASO。

ホントは神戸のも行きたかったけど、予算や日程の都合で見送りした次第。

その鬱憤を晴らすべく。

と、細かいことは置いといて。

まずはセトリだけでも。


1.シドニア

MC1

2.Over the limits

3.Beautiful Fighter

4.THE LIGHTS OF HEROES

MC2

5.僕じゃない

6.笑い者のfairytale

7.約束

MC3

8.スパイラル

9.FORTUNES

10.Galactic Material

MC4

11.オルタナティヴ

12.蒼い春

MC5

13.Separation

MC6

14.かべ2

15.キラフワ

16.笑顔でバイバイ

MC7

17.KINGS

18.蒼穹


アンコール

MC8

19.Different Colors

MC9

20.明日へのbrilliant road

21.Shangri-La

MC10(締め)




Separationの前のMCが酷かった()

その酷いMCからいきなりSeparation歌い出したことに客が驚愕。

笑い者のfairytaleを生で聞いたのって多分2ndアルバム『I/O』の発売記念イベント以来かもしれない。10年ぶりくらいだ…。

大阪だからって刀で斬るとか銃で撃つとかそういうのをやりまくるのはやめよう(提案)

はー…。

楽しかった。

やっぱりangelaのライブは最高や!

腕振り・ヘドバン・ジャンプしまくり。叫びまくり。

明日の喉・首・肩・腕・腋・腰・脚・膝・足の裏あたりが心配。

でも楽しんだ代償としてなら安いもんよ!
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。