スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ハル」見た感想とか書くよー

先週の月曜日に難波まで出かけた理由はですね、劇場映画「ハル」を見てくるため、でした。

DSC_1894.jpg

うちの近所には上映してるところがなく、そもそも関西でも京都と難波くらいでしか上映してないっていう。

じゃあ難波まで見に行くしかないじゃない!あなたも!!私も!!!

そんなわけでお久しぶりのなんばパークスシネマ。

カードのポイント溜まりまくってんなあ…。有効期限とか大丈夫やろか?

とか思いつつも、ハルのチケット買おうとしたら料金は一律1200円なんだと。

え、じゃあポイント使って見るより料金払ったほうがお得じゃね!?

とかいう謎の思考にとらわれ、普通に1200円払ってしまいましたが、よくよく考えてみればポイントでタダ券貰って見たらタダなんだからそっちのほうがお得に決まってますよね。馬鹿か。馬鹿なんです。

ちなみに、京都でも上映してる理由はハルの舞台が京都だからなんだろうね。

観に行った理由のひとつもそこですね。

舞台が京都なら聖地巡礼できそうってな理由。

ほかは、いろんなとこで絶賛されてるから。そしてなんといっても主演の日笠・細谷のふたりは好きだから。

まあ、普段はキャストでアニメ、それも映画を見たりはしませんが。

で。このハルという映画。

”近未来の京都で生まれた、人とロボットの奇跡のラブストーリー”で、、恋人である『ハル』と死別した『くるみ』のもとへ、「ロボハル」(ハルによく似たロボット)ことキューイチ(Q01)が赴き、心の支えとなる……ってなストーリーなんですが。

公式サイトとか雑誌のインタビューなんかにはこう載ってます。

すでにWikipediaにはネタバレ載っててアレですが…。

いわゆる叙述トリックというやつなんでしょうか。

実は飛行機事故(というかエアジャック?テロ?)で死んだのはハルではなく、くるみのほう。ロボットなのもハルではなくてくるみだった。実はセラピーを受けていたのはハルだった、というオチなわけですねー。

まあ、そこらへんは映画を見てる最中にも「アレ、なんかおかしくね?」って頭に引っかかってくるんですけど。

1時間程度のやや短めな映画としてはよくできてるなー、と思いました。

ただ、シュタゲは見て泣けたんだけど、ハルは見て泣けなかったなぁ…。

なんでだろ。そもそも泣けるシーン無くね?

もっかい見たらなんか変わるかな。

あとはー、そうねー…。

AR技術とかが近未来っぽいけど、Android技術に関しては近未来なんてレベルじゃねーだろ!とかいうツッコミをしたくなるのは、まあ、しゃーない。

あそこまで人の記憶や感情をトレースしたうえ、動きや行動パターンが普通の人間と遜色なく、さらに人間の食べ物をそのまま食べることも可能なロボットってなあ…(笑)

テロで飛行機は爆散したのになんでくるみの遺体はちゃんとあるのか、とかもツッコミどころな気がする。

それと世界観な。

ハルとリュウの幼少期のシーン、なんだアレw

おおよそ日本とは思えない場所で不法労働に従事させられてたんだけど……世紀末すぎるだろ。

あ、リュウといえば、CV.宮野真守なんだけど。そのこととは特に関係なく、ホモい。

つっても、泣けなかった=駄作なんてことはないし、最初に述べたように、デキは良かったです。

それに主題歌の日笠の「終わらない詩」、アレは映画を見る前と後で感じ方というか捉え方が変わるね。

そういう点では映画は絶対見ておくべきだわ。

京都もまた行きたいなー。

つっても、この映画に出てきたのは主に出町柳と錦市場くらいか。

鴨川デルタの飛び石出過ぎwww

そうか、これからちょうど祇園祭のシーズンだしな。そうだ京都行こう。行く。行きたい。行けるかな?








あと、聖地巡礼の資料になるかもと期待してパンフも買いました。

DSC_1898.jpg

左が来場者特典の冊子で、右がパンフ。

あれ、逆だっけか?いや、あってるな。右がパンフです。

この小ささ(B6?)と薄さ(29P)で800円。

おおぅ…。

ま、まあ、映画が1200円だから合わせて2000円だしな!

期待してた舞台背景資料集みたいなのはほぼ載ってなかったけど!

映画の設定資料集みたいなのはグッズとして劇場で売られてたけど、そっちには載ってたんやろか…?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。