スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版シュタインズゲート良かったよ!!

今日はAURAと同じ西宮OSでもう1本映画を観て来ましてね。

それがこちら、「劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」でございます。

DSC_1823.jpg

この劇場版シュタゲも公開してる劇場が少なくてですね、兵庫県内だと西宮OSだけ。

大阪市内でもトーホーシネマズ難波(別館)のみという。

現時点で全国18館なので、AURAよりはちょっと多い程度。

両方同じトコで見られるから西宮でハシゴしたわけで。

どちらかと言えば、本日のメインはこちらなわけで。

それはさておき。

この映画はですね、原作ゲーム及びアニメ版の完結から1年経った夏の秋葉原が舞台。

1年ぶりに日本に帰ってきた紅莉栖と再会するラボメン。

ちょうど同じタイミングでリーディングシュタイナーによる別世界線の記憶と現在の風景が混線するようになったオカリン。

そのままオカリンが物理的にも、そしてみんなの記憶からも消えてしまうという事案が発生。

そんなオカリンを救うべく、紅莉栖はタイムリープマシンを開発してしまい……

というお話。

っべー…。

感動した。

泣いた。2,3回は泣いたね。

終盤、紅莉栖がみんなのリーディングシュタイナーに働きかけるために鳳凰院凶真のモノマネをするシーンなんか笑えそうなはずなのに、ラボメンの反応も相俟ってめっちょ泣いちゃった。

あと、演出で好きなのが、原作ゲームとアニメで見てた時にオカリンのファーストキスの話が出たところで、普通のアニメとかの演出ならわかりやすくするためにオカリンの脳内イメージでそのファーストキスシーンを出すところだけど、ソレがなくて「あれ?確か萌郁にしたやつがファーストキスなのでは??」みたいにひっかかってたのですが…。実はそれはファーストキスじゃなかったんだ!!!

っていうのがわかるところ。

ホントはオカリンのファーストキスを奪ったのは紅莉栖だったんだああああ!!!

って。

ここまで想定してあったということなのか…。

やー…、良かった。

今年見た映画の中で一番感動した。

禁書映画はお祭り感覚で楽しめたけど、シュタゲはそういうのとは違った良さ。



DSC_1825.jpg

パンフも買いました。

表紙に特殊なマット加工を施してあるな…。

アニメ版も含めて詳しく解説してあるのでマストバイ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。