スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田が悪いんなら仕方ないね

筒井康隆がラノベを書いたってことで話題になってたので。

私も買ってみましたよっと。

639004587.jpg

『ビアンカ・オーバースタディ』

筒井康隆が書いてることよりも、いとうのいぢのジャケ絵と見開き9ページ分の挿絵のほうに価値が見いだせそうだ。

てか普通のラノベのような文庫サイズじゃないし、一緒に買った絶望先生とかの少年マンガ誌の単行本よりも一回りくらい大きい。

なんでこんな半端なサイズに…。

そしてページ数も普通のラノベ(もちろん境界線上のホライゾンのような鈍器ではない)と比べて少なめの割にお値段が高い。

1047円だっけか。

いや、まあ、そこはいいか。

ラノベなんだから中身で批評・批判すべきよね。

つってもまだ読んでないけど。

そもそも、筒井康隆がラノベ書いた!ラノベ界最高齢作家!

とかって話題になってるけど、時をかける少女とか十分にラノベと呼べるよね。

それ以前にラノベ作家の定義が曖昧なのだけど。

例えば、冲方丁はラノベ作家、よね?

それなら天地明察はライトノベルだし、ラノベ原作ならまずは実写映画化じゃなくてコミカライズを経てのアニメ化のほうが先だろうが!ってことになるよね。

そういうもん。

最近はフツーの小説もイラストレーターやプロのマンガ家が表紙や挿絵描いてたりでラノベと見分けがつかないし。

ラノベが児童文学レーベルとかの一般書に焼き直しされてたりもするし。

何が言いたいかって言うと、ラノベをバカにしちゃあイカンでしょ…ってことかしら。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。