スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのは The MOVIE 2nd A's見てきたよー

本日7月14日は『劇場版魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』の上映初日!

ということで。

以前チケットをとった初日の初回分を見るべくシネ・リーブル神戸に行ってきましたよー、っと。

616860272.jpg

7時に家を出て、シネ・リーブル神戸に着いたのが8時前。

とりあえず物販でパンフくらいは買っておくかなーって思いまして。

なんか列ができてたのでそこが物販列かな?って並んでたら、どうやらそこは当日券を買う人の列だったようで。

あ、物販列は別にあったのね?

で、どこにその列はあるんだい?

そうやって物販列の最後尾を探していったところ……。

なんかシネ・リーブルの入ってるビルの階段のとこに追いやられてた…!

これ直線距離に直したら数百メートルはありそうな…。

しかも物販のレジを二人かそこらで捌いてるせいで遅々として進まないの、列が。

そして階段なせいで冷房とか何もなくて。暑いのなんの。もう汗だくよ。

これが残酷なのは戦争かッ!!

むしろこれなら『なのは完売!』のほうがまだ諦めがついてマシなレベル。

こんなのってないよ、あんまりだよ!

うん。

30分以上並んでたけど、結局列はほんの数メートルしか進まず。

8時50分の上映開始に先駆けて、8時40分には入場開始なわけで。

それに間に合わなかったらマズイので物販は諦め列を離脱。

こんな事なら最初から並ばないほうがよかったネ(◞‸◟)

ま、1回目の上映終わったくらいに行けばさすがに列もはけてるでしょ?

それはともかく、チケットに記載された番号の順番に席を取るイス取りゲーム方式なので。

8時40分にシアター入口前にいるのはマスト。

入場自体は存外スムーズに進み、私の44番が来るまで3分もなかったかな?

そして3列目のほぼ真ん中というそこそこの良席を確保できました。

上映開始前にViVidのCMが流れる劇場もあったみたいですが、シネ・リーブル神戸ではそんなことなかったのだぜ!

どこの都会だよ…。

それは置いといて、ついに始まる本編。

OPで奈々さんの「BRIGHT STREAM」が流れるのかと思ったらそんなこともなかったのだぜ。

EDで「微笑みのプルマージュ」がかかって、さらにそのあとで「BRIGHT STREAM」はかかります。実質的なEDはこっちだよなぁ…w

挿入歌には「Sacred Force」だけでなく、はやてのキャラソン「Snow Rain」(のアレンジバージョンなのかな?)がいい場面でかかるんだわ、ホント。

エタブレとかはかからないけど。BGMにアレンジしたバージョンが使われてたりするけど。コレはサントラに入ってるんだろうね。

 


A'sのTVシリーズは1話冒頭でいきなりヴォルケンリッターがなのはを襲撃してた気がする。

あれ、違うかな?

まあいいや、そこでなのはの救援に来るのは元々フェイトとユーノ君だったんだけど。

映画ではなぜかユーノ君が来ない(笑)

基本的にユーノ君が戦闘に絡むのはラストバトルだけ。

リンディさんたちと一緒に海鳴市にやってこないし、陰獣フォームもないし、とにかく出番が激減してたw

まあ、全13話とかのアニメを2時間半に纏めるとなると、どこかしらオミットせざるを得ないわけで。

重要度の低いエピソード、キャラは削られても仕方ないんだけどね。

なのはの両親、兄、姉の4人なんかTVシリーズで出番が少なかったせいでまったく出てこなかったし。

あ、TVのエピローグ部分もなかったから杉田も出ないよ。

で、もっとも割りを食ったのがギル・グレアムとその使い魔リーゼアリア、リーゼロッテの計3人。

出番ゼロだし名前すら出てこない。

故に、闇の書との因縁ってのはハラオウン家のものだけ、という単純な構造に落としこんで描かれてた。

グレアムがクロノくんに渡すデバイス「デュランダル」もリンディ提督がクロノくんに渡してる。

というか、リンディ提督がデュランダル使ってヴォルケンリッターと戦おうとする猫写まである。

出番が減ったキャラがいれば、相対的に、出番がまったく減らなかった石田医師なんかは若干主要キャラっぽくすらある。

あ、あとTVでは終盤にしか出てこない闇の書の意志がけっこう序盤から出てくる。小林沙苗ファン歓喜。

ラストバトルの直前の戦闘もTVでははやてにユニゾンインして大人モードになったはやてとなのは達が戦ってたけど、劇場版では闇の書の意志が直接表に出てきて戦ってたり。

闇の書を暴走させてる機関というか構造に”ナハトヴァール”っていう名前をつけて諸悪の根源として描いてたり。

(スペルはよくわからないけど”Nachtwar”かな?英語で言うなら「Night is」になっちゃうから違うかも?)

うん、初見の人にもわかりやすいようにしてあるんだね。

2時間半の映画、それもタイトルに2ndなんて入ってて明らかに続編なのがわかる映画を初見で見ようなんて人はいないだろうけどw

ちなみにこの映画はリインフォースⅡが”闇の書事件”の記録を回顧してる……というのに近いかな?そういう形式。

なので、映画のど頭とオーラス部分でTVシリーズには出て来なかったリインフォースⅡが登場します。ゆかなファン歓喜。

しかし、この映画、戦闘シーンの迫力が物凄い!

さすがに気合い入ってるなあ。

あの迫力は敵のデカさもあって劇場のスクリーンにマッチしてるので、絶対に劇場で見ておくべき。

まあ、シネ・リーブル神戸のスクリーンはわりとちっさいんだけど。

草川監督はこっちにかかりっきりだったからDD'は監督やってないんですかね!知らんけど。

若干残念な点?として、ヴィータが「高町なんとか!」って噛むのがなくなっちゃったね。

というか終盤までなのはがヴィータに名乗る機会が無いよね、劇場版…。

ちゃんとヴィータがなのはを悪魔って形容するシーンはあるけど。白い悪魔ってガンダムのことよね。

一方フェイトとシグナムはちゃんと名乗り合うのに。まあ、こっちはTVと同じってだけですが。

ところでデバイスのデザインがどんどんForceに近付いていくのはなんでなんだぜ?w

すんげぇメカニカルw

メカニカルといえば、なのはとフェイトの変身シーンもものっそいメカニカル。

もうね、MSか勇者王かってくらいにメカニカル。

…。

……。

さて。

映画そのものについての感想。

TVシリーズは何度も見てるのに、映画見ながら何度もウルっときちゃった。

それだけ感動できるポイントも多い。

それでいて戦闘シーンの迫力は興奮モノ。

戦闘シーンに割いてる時間も多めでテンポがいいので、2時間半という消失と同じくらいの上映時間にもかかわらず、体感時間は消失より短く感じました。

TVシリーズの単なる総集編ではなく、きっちりリメイクしてあって。

正直1回見たらそれで満足かなあって思ってたけど、これならあと何回でも見たいと思えました。





っと、ここでかなりどーでもいいA'sに出てくるカタカナ語講座。

「リインフォースⅡ(Reinforce Zwei(りいんふぉーす・つヴぁい))」: リインフォースは英語。「強化する」とかそんな程度の意味で”祝福の風”なんて意味はない。そしてツヴァイはドイツ語で2。英語とドイツ語のキメラなわけですねー。

TVでもあったけど、はやての「祝福のエール」ってセリフ: …だったかな?これ、ずっと英語のYellだと思ってたんだけど、フランス語の「翼」って意味のAile(エール)かもしれない…。エールストライカーのエール。

バルディッシュの返答「Yes, sir!」: Sirは男性を指すので、女性のフェイトに対しては「Yes, mom!」と答えるべき。コレは何時まで経っても直らんなあ…(笑)

上でも書いたけど、「ナハトヴァール(多分Nachtwar)」: 意味はおそらく「Night is」なんだけど、劇中では略して「ナハト」って呼ばれてました。コレは間違いなく「Nacht(ナハト)」で”夜”ですね。夜天の魔導書の改竄プログラムのことだからこういう名前なのね。

まあ、ベルカ関係の単語は基本的にドイツ語なんだけど。

エクスプロージオン!!(Explosion!!)

ヤボール!!(Jawohl!!)

とか。

一応字幕は出るけど、デバイスがなんて言ってるのかわかると地味に楽しいです。














617024744.jpg

そうそう、パンフはちゃんと買えました、見終わったあとに。1000円。

パンフで1000円はやや高いですが、内容が充実してるので1000円出した価値は十分見いだせます。

のろいウサギ(1300円)も買おうかと思ったけど、買ったとしてその後どうすんねん、って思ったら買わずにすみました。

見終わったあと買った、と書きましたが、実際は見終わってさらにお昼ごはんを食べて三宮をぶらついたあとに、です。

2時頃だったかなー。

もう完全に列がはけてました。おかげで並ぶこと無く購入できました。

この時点でも欠品は特に無さそうだったし、なんていうか……朝もはよから並ぶのって自己満足以外の何物でもなかったのかもしれませんね\(^o^)/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。