スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群像少女www

昨日、いや、まだ今日か。

今日放送されたMAGネットを見てたら、『AKB0048』のようなアニメを”群像少女モノ”というジャンルに分類してましたね。

はは、ワロスw

というか、あの批評家、素人にもできるような批評しかしてなかったぞ…。

そもそも誰だよ、アレ…。

アニメ批評家の有名ドコロはもっとほかにいたろうに。

…とかいうのは置いといて。

群像少女て。

エロゲのタイトルかよ。

定義は女の子メインの群像劇、でしたっけ?

なんとも簡単で雑な定義だな、おい。

ちなみに、群像劇とは。

「それぞれの物語」を持った複数の登場人物によって進行していく創作物の総称。

大雑把に「大きな事件とそれを取り巻く人々」を描くタイプと、「○○で◆◆な青春群像を描く」と形容されるような個々の登場人物に焦点を当てていくタイプに大別できる。

この二つの要素を融合することはできるが、個々の登場人物を丁寧に描きつつ大きな事件を引き起こすというのは、必然的に物語のサイズを巨大化させることになる。



なんですって。

要するに女の子メインかつ女の子いっぱいのアニメの総称、ってことらしい。

じゃあ実例を挙げて行きましょう。

ホントに増えてるのかどうか。

それが『けいおん!』あたりがターニングポイントなのかどうか。

選定の基準は「主人公が女の子、周りのメインキャラもだいたい女の子」で探していきます。

まず2012年4月期。

2012年4月
・AKB0048
・クイーンズブレイド リベリオン
・咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A
・しばいぬ子さん(?)
・夏色キセキ
・黒魔女さんが通る!!
・うぽって!!



続いて2012年1月期。

2012年1月
・ゴクジョッ。〜極楽院女子高寮物語〜
・スマイルプリキュア
・戦姫絶唱シンフォギア
・探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕
・ブラック★ロックシューター
・モーレツ宇宙海賊
・輪廻のラグランジェ
・キルミーベイベー(笑)



ちなみに2012年年内にはあといくつかこのジャンルのアニメが始まることが確定してて。

・ひだまりスケッチ×ハニカム
・貧乏神が!
・TARI TARI

とか。あと映画でストパンとかあったし、なのはA'sも控えてる。


次が2011年。クールごとに分けるのはめんどいから一纏めで。まどマギはこの年ですね。

2011年
・THE IDOLM@STER
・異国迷路のクロワーゼ(?)
・Aチャンネル
・Gdgd妖精s
・侵略!?イカ娘
・スイートプリキュア♪
・戦国乙女〜桃色パラドックス〜
・そふてにっ
・たまゆら〜hitotose〜
・日常(?)
・猫神やおよろず
・花咲くいろは
・BLOOD-C
・フリージング
・魔乳秘剣帖
・魔法少女まどか☆マギカ
・森田さんは無口
・ゆるゆり
・ラストエグザイル-銀翼のファム-
・Rio RainbowGate!   20/134(全体の14.9%)




2010年は「けいおん!」の2期が放送された年。

2010年
・一騎当千 XTREME XECUTOR
・けいおん!!
・侵略!イカ娘
・ストライクウィッチーズ2
・ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
・探偵オペラミルキィホームズ
・ちゅーぶら!!
・ハートキャッチプリキュア!
・パンティ&ストッキングwithガーターベルト
・ひだまりスケッチ×☆☆☆   10/126(全体の7.9%)




2009年は群像少女モノの金字塔()「けいおん!」が放送された年。

2009年
・青い花
・うみものがたり 〜あなたがいてくれたコト〜
・かなめも
・CANAAN
・キディ・ガーランド
・クイーンズブレイド
・けいおん!
・けんぷファー(例外的に入れてもいいかな…?)
・咲-Saki-
・GA 芸術科アートデザインクラス
・宇宙をかける少女
・大正野球娘。
・とある科学の超電磁砲
・フレッシュプリキュア!
・マリア様がみてる 4thシーズン
・まりあ†ほりっく(入れちゃダメな気もする…)
・みなみけ おかえり
・よくわかる現代魔法   18/145(全体の12.4%)




けいおん!は2009年4月期のアニメだったんだけど、それとほぼ同時期にすでにこれだけあったのよね。

つまりアニメのプロデューサーたちは、少なくとも2009年の時点で「このジャンルが来る!」って読んでたわけだ。

でも一応2008年以前も見てみましょう。


2008年
・ARIA The ORIGINATION
・Yes! プリキュア5 Go Go!
・シゴフミ
・ストライクウィッチーズ
・絶対可憐チルドレン
・ひだまりスケッチ×365
・ヒャッコ
・みなみけ〜おかわり〜   8/147(全体の5.4%)




うわ、少なっ…。相対的に見たアニメの本数自体はまだ2009年や2010年より多い時期だけど…。

じゃあ2007年はというと。


2007年
・アイドルマスター XENOGLOSSIA
・エル・カザド
・がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
・しおんの王
・スカイガールズ
・スケッチブック 〜full color's〜
・バンブーブレード
・ひだまりスケッチ
・ひとひら
・Venus Versus Virus
・魔法少女リリカルなのはStrikerS
・みなみけ(1期)
・らき☆すた
・ロケットガール    14/157(全体の8.9%)




2008年と比べると案外多いですね。

ただ、2007年という年は日本のアニメ史上、2番目にTVアニメの本数が多かった年なので。

純粋に本数だけで判断するのは早計かと。

一応TVアニメの本数が最も多かった2006年くらいまでチェックしておきましょうか。


2006年
・ARIA The NATURAL
・乙女はお姉さまに恋してる
・かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜(?)
・女子高生 GIRL'S-HIGH
・落語天女おゆい
・RED GARDEN
・錬金3級 まじかる?ぽか〜ん   6/179(全体の3.3%)




おおう…。

私の数え忘れがあるだろうし、定義のしかたで本数や比率は変わってくるけれど…。

2012年を除外すれば(それでも2クールですでに15本というハイスピードな伸び)、やはり2011年の20本で全体の15%という数字はスゴイ。

ジャンルとしては昔からあったのは間違いない。

ただ、それがここ数年で確実に本数を増やしたのも明確。

特に2006年から2007年への伸び具合はかなりのもの。

なぜ2007年にこんなに増えたのか、っていう考察は今は省くけど。

群像少女モノなんてジャンルが流行したのは2009年の「けいおん!」のヒットよりも、2007年の「らき☆すた」あたりの話題性のほうが大きかったのではなかろうか。

というか、「らき☆すた」があったからこその「けいおん!」?

でもやっぱり、ジャンルを牽引してきた、というか継続的にジャンルの本数を増やすきっかけを作ったのは2009年の「けいおん!」だったり、「超電磁砲」あたりってことになるんでしょうか。

こういうヒット作が出たからこそ、ジャンルが収束せずに、膨らんでいってるわけで。





結論。

MAGネットのアレは(尺の都合とかがあったんだろうけど)、説明不足。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。