スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。2期18話

バクマン。2期18話は「文句と一喝」

ようやっと『タント』の連載をキメた亜城木夢叶。

しかし、その1号前から原作岩瀬、作画エイジの『+NATURAL』の連載が始まることに。

そのことについて福田組一同でエイジのもとに問い詰めに行ったり。

で、結果的に亜城木夢叶をはじめとした各作家のヤル気を出させ、競わせる、という服部さんの思惑がうまくいった…と言えるのかしら。

で、この回で焦点が当たるのが一人の作家が複数の連載を同時に抱えていいのか。

バクマン。の場合はエイジが自身のオリジナル『CROW』と、作画担当のみの『+NATURAL』の2本を同時に掲載するカタチに。

同じ作家がジャンプ1誌において複数の作品を掲載することで、他の作家のチャンスを奪うことになるのではないか。

また、CROWの質の低下につながるのではないか、ということを危惧してるわけですね、編集部は。

ただなー…。

作中でも触れてたように昔は週刊連載を同時に2,3本抱えてる作家もいたわけです。

というか、今現在いますね、そういう人。

ホーリーランドの人はヤンジャンで週刊連載しつつ、隔週のヤングアニマルで自殺島を描いてますよね。

あの人は少なくとも普通の週刊連載の人以上の仕事をしてることになります。

作画はしてないし、原作担当の二人組だけど、金田一の原作担当の亜樹直はそれこそ何本も連載抱えてます。

今だと、マガジンで『探偵犬シャードック』、『エリアの騎士』、『BLOODY MONDAY』、ヤンマガで『サイコメトラー』、モーニングで『神の雫』。5本の原作を手がけてますね。

特に前者3作品は週刊少年マガジンという1誌に掲載されてます。

そういう状況を鑑みれば…別にエイジがジャンプで2作品描くくらいたいした問題じゃないですよね。

むしろ、服部さんの思惑どおり、各作家がヤル気を出したし。

編集長は面白さ絶対主義だし。

少なくとも損をしてる人間はいないわけです。

ただ、それでも週刊のストーリーマンガは1週19P、それを2つ同時だから1週38P。

40P近いマンガを描きつつ、場合によってはカラーページだって描かないといけない。

それでいて余った時間を新作マンガの作画にあてていたエイジはマジで異常だわなw
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。