スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん!2回目の感想

なんばパークスシネマの朝イチ回で映画けいおん!の2回目を見たわけですが。

なんだ。

肝心のけいおん!上映前にうらおん!のマナー啓発CMやらないのか。

おかげ様で後ろのやつに席ガンガン蹴られたよ。

それと笑い声くらいなら別にいいけど、いちいち思ったことを口にだす奴もいてさー。

お前らさー…。

(◞‸◟)

462493824.jpg

見飽きた気がしないでもないが、映画の公開日に改めて写真に撮りたかったので…。


462494267.jpg

スタンプ。

右側が若干かすれたか…。


462495153.jpg

パンフも見終わったあとに無事購入できた。800円なり。

7時過ぎになんばパークスシネマに着いたけど、物販列が8時の上映までにはけなかったので…。

物販のレジ2つであの行列捌ききれるわけないがな…。

このパンフ自体はインタビューとか読み応えがあるし、私みたいな奴にはHTTのロンドン巡りの日程と場所がわかるのはうれしい。


462596232.jpg

で、2回目ということもあって、映画観ながらメモとってみた。

コレで何があったかしっかり思い出せるぞ!

…と思ったんだけどなぁ。

薄暗くて手元が全然見えないし、スクリーンから目を反らすわけにもいかんし、元々字が汚いし。

いろんなジレンマと戦いつつメモってたけど。

最終的に8P分のよくわからないゴミができあがった…_ノ乙(、ン、)_

我ながらわけわからん。

とりあえず緑のアイマスク買ってきて気持ち悪い目の落書きしようと思った。

あと「あずキャット」な。

「荷物あずキャットくね!」とか、「あずキャットいてあげるよ!」とかって使っていけばいいよ。








ここから改めて感想とか語ろうかと思うけど。

最初のやつでネタバレはだいたいかまし終わったので、特にネタバレなしでいこうかな。

ただしストーリーについて触れざるを得ない部分はやむを得ないけども。

まず、イギリスへの卒業旅行がメイン、というのはブラフ。

ぶっちゃけロンドンは派手さやスケールのデカさを出すために使っただけだよね?w

映画なんだからTVシリーズと同じ事やってもアレだし。

映画のホントのテーマを『「天使にふれたよ」という曲が生まれるまで』というTVシリーズで描かれなかった部分だとすると、極論、イギリスへの旅行がなくても成立するからね、この話w

あと全体的に小気味の良いギャグをてんこ盛りにしてるんだけど…。

それ自体は全然いいんだけど。

そのおかげであらゆる箇所でクスって笑えるのも全然かまわないんだけど。

そのせいで感動シーンのはずのとこでもニヤついちゃってなぁ…。

こういうテイストの映画って逆に珍しいよね。

例えば帰国後の卒業ライブのシーンとか。

古文の堀込とさわちゃんがノリノリすぎてw

その場面でHTTが歌ってるのは「U&I」だからなー。

普通なら泣かせる演出に徹するハズ。

でもあえてそこでそれをしなかったのは、最後の「天使にふれたよ」を演奏するシーンでの感動を強調するため、なのかな?

ただなー。

その「天使にふれたよ」演奏シーンはアニメの24話を掘り下げるカタチで描いてるわけだけど、そもそも24話のときに私は泣けなかったからなー。

そりゃ感動はしたけれど。

24話「卒業式!」で泣けた人は映画のあの場面でも同じように泣けるだろうけど、私のように24話で泣けなかった奴は多分映画でも泣けないわ。

といっても、何度も言うように全体的に非常によくまとまってて。

時間の配分も絶妙。

当然作画のクォリティも高いし。

多分、来年のアニメーション神戸の映画部門とか、この類の賞を総ナメする映画になるだろうね。

それでも強烈なカタルシスとか、感動を求めてるって人にはおすすめできないかなー。

つっても、TVシリーズとの繋がりを楽しむ映画なので。

「天使にふれたよ」もそうだけど、さわちゃんの色紙とか、卒業式当日の唯のタイツとか(笑)

TVシリーズを事前に全話見返しとけ!って書いたのも、映画見終わったあとにTVシリーズを見たくなるのもそういう理由。

あー、そうか。

けいおん!ファンの理想には完璧に答えてるんだなー。

うん、ファン視点で評価すれば究極の映画だわ。

スカイハーーーーーーーーイ!!
スポンサーサイト
コメント
No title
ロンドンに行ったのは映画なんで特別なことをしてみようというのと、27話での唯の「私達はどこに行っても放課後ティータイムだよ!」というのを体現させたかったのでしょうね。笑いどころがちょくちょく入るのもけいおん!らしさなんで映画でもいつも通りでしたね。天使にふれたよ!を作るのが決まった時点で映画化が決定してたかのようなストーリーでしたね。これでより満足して24話が観られるようになりそうです。
2011/12/05(月) 22:24 | URL | はるおん #NrynFG3w[ コメントの編集]
Re: No title
> ロンドンに行ったのは映画なんで特別なことをしてみようというのと、27話での唯の「私達はどこに行っても放課後ティータイムだよ!」というのを体現させたかったのでしょうね。笑いどころがちょくちょく入るのもけいおん!らしさなんで映画でもいつも通りでしたね。天使にふれたよ!を作るのが決まった時点で映画化が決定してたかのようなストーリーでしたね。これでより満足して24話が観られるようになりそうです。

24話の補完として見ると、けいおん!視聴者に非常に配慮してるのがわかりますねー。けいおん!全然見てないのに映画だけ見に来る、って人はそういないでしょうけどw
アニメで伏線でもなんでもなかった箇所が劇場版の伏線に、あるいはその逆パターンになってるのが面白いですね。
2011/12/06(火) 02:25 | URL | yamanka #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。