スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべらなーーーい話

こんな記事を読んだのです。

http://www.earthinus.com/2011/07/suberanai-talk.html

「すべらない話」の作り方・話し方の5つのコツ

…というもの。

1.「○○な話なんですけど」という出だしで話をセットアップする

2.「V.A.K」をその場にいるかのように体験しながら話す

  ・視覚(Visual) ... 目で見える情報
  ・聴覚(Auditory) ... 耳から入ってくる音・セリフ・擬音
  ・体感覚(Kinesthetic) ... 体で感じる感覚

3.「メラビアンの法則」を活用する

  ・「伝わりやすさ」に影響するのは、言葉が7%、口調や話の早さなどの声のトーンが38%、身ぶり手ぶりや顔つきなどのビジュアル情報が55%、つまりボディランゲージが重要

4.オチまでは、絶対に笑わない(絶対に!)

5.フリとは「モヤモヤをつくること」



なるほど、コレがすべらない話をするポイントか。

こういうふうに要素の研究をしたことがなかったけど、言われてみれば…!

しかもコレ、すべらない話だけでなく、話し方がうまい人にはだいたい当てはまる。

稲川淳二の怪談もコレに当てはまるよね。

まず、怪談って定義があるうえに、稲川淳二はそういう感情や状況説明から話に入ってる気がする。

オチを最後まで温存する話し方はプレゼンでは使えない、って書いてあるけど、それでもこの話し方自体は応用できるはず。

というか、日常生活でこういう話し方が普段からできたら…ゼミの発表も怖くないぜ!

多分ね。

なんで今こんなコト書いてるのかといえば、今発表を2つ控えた状況だからなんですけどねー。

(◞‸◟)鬱だ…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。