スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cとあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の最終回

今期のノイタミナ枠の「C」と「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、どちらも関西でも最終回をむかえたわけで。

というかOAからもう2日たっちゃうのか。

今更ながら感想とかまとめておきましょうかね。




まずは「C」から。

円の価値がばんばん下がっていく中でのディールバトルだからなのか、5000万とか10億とかとんでもない額を使ってバトルする公麿と三國さん。

最終的に公麿が三國さんを下すわけですけど。

下すっていうか、円の価値が0以下になったことで、東京の金融街が閉鎖しちゃったことでディールができなくなった、のよね?

だから最後は公麿のグーパンで勝負が決まった、とw

で、日本円の価値がなくなったことで、金融街も対消滅、Cもスルーしちゃった、と。

結局”C”がなんだったのかとか、なんで最後のほう一般人にもミダスマネーが見えるようになったのかとか、金融街焼失後に日本を包んだあの光は何を表していたのか、とかよくわからなかったけど(笑)

あれが日本消失の兆しかと思ったら、そうでなくて日本の変容とか、歴史改変を行う光だったのね。

公麿が”未来を買い戻した”結果がアレなわけですね。

消費され、消滅した未来はどんなことをしても取り戻せない、って設定があったはずなんだけど。

どうして未来を公麿は取り戻すことができたのか…。

公麿が輪転機を逆回転させるよりも先に金融街が閉鎖してたはずだし…。

よくわからないフワッとした最終回だったと言わざるをえない…。

でも公麿の「未来で会おうよ」と、それに対する三國さんの「ゴメンだね、俺は永遠に今日にとどまる」というセリフが二人の目指したものを象徴してて印象深かった。

あ、日本という国が未来という担保を取り戻したことで再び金融街が生まれるっていうダークなオチは嫌いじゃないよw






そして「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

11話かけて描いたのが、幽霊になって現れためんまを通した超平和バスターズメンバーの心の葛藤、メンバーの友情の再興、あと各キャラのちょっとした成長、そしてめんまの成仏。

要するに、規定通り・予想通りの展開といえるベタなオチでしたね(笑)

もうね、1話の段階で予想できる一番ベタな最終話を一番ベタにやり遂げたって感じ。

でもまんまと泣かされちまったぜ…!

ベタ=王道、つまり王道は強い、ってこったなー。

ベタすぎて内容に関してはこれ以上語ることもないけど。

スッキリしすぎてるくらいの終わり方。

逆にCくらいのフックを残す終わらせ方でもよかったかもねw

それでも考えうる最終話として一番シンプルでわかりやすい最終話だったからこそ、あそこまで泣けた…のかもしれない。

正直、「もういいかい!!!」ってみんなが叫んでるとことか、一度じんたんにすら見えなくなっためんまが5人全員に見えるようになって、そこから「せえええええええええええのっ」「めんまみぃつけたあああああああああ!!!!」って叫ぶとこなんかかなーり臭かったもんw

でも演出とかさァ!

OPの青い栞を挿入歌に使ったりとかさァ!

ずりぃよ!!!

泣くよ!!!!

泣かざるをえないんだよ、あんな演出されたら!!!!


WS000662.jpg

WS000663_20110630234034.jpg

WS000664.jpg

WS000665_20110630234032.jpg

WS000666.jpg

めんまから各キャラへのお手紙。


WS000667.jpg

コレが「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」というタイトルにもなってる「あの日見た花」なのかな。

勿忘草、らしい。

花言葉は「私を忘れないで」「真実の友情」「誠の愛」とのこと。

ほぉ、番組にぴったりだな…。

……そうか?

勿忘草って青い花だぞ?

この花、白いもの…。ハルジオンかなんかじゃね?

いや、白い花を咲かす勿忘草もあるみたいだけど、花が咲く時期が3~5月なので、作中の9月中旬くらい?って時期に割くような花じゃないんだよねー…。


WS000668_20110630234238.jpg

WS000673_20110630234237.jpg

WS000674_20110630234237.jpg

WS000675_20110630234237.jpg

WS000676.jpg

(´∀`*)ノシ バイバイ


WS000677_20110630234234.jpg

コレがエンドカード。

キャラクターデザインの田中さんの描き下ろしだ。






今期のノイタミナ枠は、Cもあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。もどっちもオリジナルで、どっちも満足できた。

ソレ以外にも花咲くいろはとかとらうさも面白いので今期はオリジナルアニメが非常に充実したクールだったと言えるでしょう。

前のクールではまどかが熱かったし。

来期もアニメオリジナル作品がいくつかあるし。

今年はオリジナルアニメが豊作な年になる、というかなったんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
No title
 信用などの英語でCから始まるのが多いからタイトルがCになったのでしょうね。公磨のグーパンはタクトを思い出しました。信用も未来も目に見えないあやふやな物ですからふわっとした最終回もありだと思いました。
 あの花は王道でよかったです。ここで変に凝ると良くないことが起きたでしょうしね。全員が本音を言い合っているのは青春だなと思いました。めんまの成仏シーンは本当に死んでしまうシーンみたいでめんまの存在感がよくわかりました。
 あの花のBDDVDが売れまくっていて良かったです。というか春アニメ全体的に売れているようで何よりです。ノイタミナはソフトが売れないことが続いていましたがこれでもっと存続できそうで何よりです。10月も両方オリジナルアニメということで楽しみです。スタッフがすごいですし。
2011/07/06(水) 12:33 | URL | はるおん #NrynFG3w[ コメントの編集]
Re: No title
>  信用などの英語でCから始まるのが多いからタイトルがCになったのでしょうね。公磨のグーパンはタクトを思い出しました。信用も未来も目に見えないあやふやな物ですからふわっとした最終回もありだと思いました。
>  あの花は王道でよかったです。ここで変に凝ると良くないことが起きたでしょうしね。全員が本音を言い合っているのは青春だなと思いました。めんまの成仏シーンは本当に死んでしまうシーンみたいでめんまの存在感がよくわかりました。
>  あの花のBDDVDが売れまくっていて良かったです。というか春アニメ全体的に売れているようで何よりです。ノイタミナはソフトが売れないことが続いていましたがこれでもっと存続できそうで何よりです。10月も両方オリジナルアニメということで楽しみです。スタッフがすごいですし。

”C”っていうのがなんなのか、どういう理屈で発生するのか、どこで収束するのか、なんでCって名前がついてるのか、とか番組タイトルにもなってる根幹の部分が明かされなかったからなんかキモチ悪いんですよね。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。は変に鬱な感じにならずに最善の明るい雰囲気で終わってたところが良かったです。
あの花は2期作りにくい終わり方だったけど、Cは2期があれば見てみたいですねー。
2011/07/07(木) 23:42 | URL | yamanka #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。