スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE展@大阪に行ってきたよー

こないだから大阪でも開かれてるONE PIECE展に行って来ました。

今年の頭くらい?に東京のヒルズでやってたやつの大阪版ですね。

場所は南港…?

いや、大阪港。

海遊館の目の前。

ぶっちゃけ、大阪に5年住んでて大阪港に行ったことって一度もなかったんですよね…。

おかげで電車乗り間違えてたどり着くのに予想外の時間がかかった。

JR環状線から弁天町で地下鉄中央線に乗り換えるか、御堂筋線の本町から中央線に乗り換えるか、どっちかなんですね。

なんかニュートラムに乗らなアカン、そんな強迫観念にとらわれて大国町まで行ってしまった(ノ∀`)タハー

などという、道を間違えた話になんの価値もなくて。

このONE PIECE展、入場に独特な方法をとってまして。

こっからこの時間までしか入場できませんよ、ってなってるの。

そういう区切りが1日に何回かあって。

その区切りごとに1時間以上の空き時間がある。

なんでじゃろ?

と思ってたのですが、実際に中に入って展示を見て回ったらその仕組の意味がわかりました。

一般的な博物館や美術館と違い、展示を部屋ごとにわけてあって、流動的に客が自分の意志でぐいぐい進んでいけるわけではないのです。

で、その部屋の展示を一度に見れるのはこの人数だけ、っていう上限があって。

さらにその部屋の展示を見終わるまでにかかる分数があって。

つまり、中に入れる人数に制限をかけてあり、最後のグループがすべての展示を見終わるまでにかかる時間が約1時間チョイ、ということになるわけですね。

うん、我ながらわかりづらい説明だ。

中身の方はというと…。

写真撮影できないのな。

まあ、公式で資料集とか出してるからそれ買えってことか。

それと回転をスムーズにするためにも写真なんか撮ってんじゃねーよ、と。

版権問題とかあるしな!と。

展示内容は東京からそこそこ時間が経ってることもあって、現在本誌で連載続いてるパンクハザード編の内容にまで踏み込んでたわ。びっくり。

ローの部屋があったけど、あれも大阪だけみたい。

”大阪だけ”の展示があるってのは嬉しいねぇ。

(逆に東京でしか展示してないモノもあるのかもしれないけど…)

ほかには原画やカラー絵がいっぱい飾ってあったりするわけですが。

個人的に一番の見所は最後の部屋の尾田栄一郎の仕事スペースを再現したジオラマ……もですが、そのとなりにあった、尾田栄一郎先生がONE PIECE展用にイラストを描き下ろすところを映像でとらえ、さらに尾田先生が自分のイラストの描き方についてレクチャーする、というもの。

コレのために入場料2000円払った価値があったね!

尾田先生がイラスト描くところをあんなにじっくりと見れて、さらに尾田先生が喋ってる声をあんだけ聞ける機会ってのはそうそうないよ…!

最後の部屋を出るとそこはグッズ物販のスペースで。

なんかノリノリでCDやらいろいろ買ってしもーたー!

まあ、いいか。

記念ってことで。
スポンサーサイト
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。