スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかスラーグ牙の店頭価格が3000円超えててビビった話

昨日ね、カード屋さんでね、カードのお値段見てたらね…、「スラーグ牙」がどこも3000円超えてたの!

WS001526.jpg

なんで!

一番値段が下がってたときは1500円くらいだったじゃない!!

そりゃ確かにスラーグ牙は強いよ!

だけど、それって…!

今現在のトップメタが白緑のセレズニアカラーで、そのデッキに4枚積みが当然だからって…!!

同様に「静穏の天使」も4000円前後まで上がってました…。

WS001483_20121123110442.jpg

値段を確認してないけど、おそらく「鷺群れのシガルダ」もそこそこのお値段になっていることでしょう…。

セレズニアカラーの序盤を支えるパーツで、やはり4枚積み必至の「ロクソドンの強打者」は500円以下なのに…。

WS001538.jpg WS001503b.jpg

まあ、スラーグ牙や静穏の天使は緑タッチのデッキやリアニメイトデッキでも使われますからね。幅の広さが違うもんね。仕方ないね。

で。

問題はそんな高くなってしまったスラーグ牙を今からどうやって入手するか。

ではなく。

どうやって対策するか、です。

私もイベントデッキ購入したので1枚だけ持ってますが、スラーグ牙の対処が非常に難しい。

あ、入手はイベントデッキとか買えばいいんじゃないですか?

1個2400円程度だからスラーグ牙を1枚普通に買うより安いじゃないですか。

って、あー…やっぱりイベントデッキもどこ探しても完売してますね。当然か。

特にゴルガリのイベントデッキは黒緑イニストランドと銀心も入ってますしね。この3枚ですでに5000円相当の価値がある計算。

わーお…。

……。

では、改めてスラーグ牙(及び、静穏の天使・シガルダ・トラフトあたりの)対策を考えていきたいと思います。

まず、対策は大きく分けて2種類に分けられます。

A.出る前に殺る

B.出てから殺る


…まあ、ルール上この2つのどちらかしかないので至極当然のことですがw

実際にはその手法がもっと細かく別れてくるのでそれぞれ思いつく限り挙げて行きましょう。

あ、もちろんスタンダード環境で可能な方法に限定しますよ。

それと、スラーグ牙が5ターン目、早ければマナクリーチャー経由で3~4ターン目に出てくるので、対策カードも5マナ以下で使用可能なものを中心に選びましょう。



A.出る前に殺る

コレに尽きますね。

WS001526_20121123125132.jpg WS001483_20121123125133.jpg WS001540 (2)

スラーグ牙と静穏の天使は場に出た時と場を離れた時に能力を誘発させ、シガルダやトラフトは呪禁持ちゆえに場に出てからの対処が厳しいので、場に出る前に処置してしまうのがベストな方法。

実際の手段はというと以下の3つ。

1.打ち消す

環境に軽めのカウンターが少ないのでアレですが、軽さと確実性の「本質の散乱」に、「雲散霧消」や「中略」ならリアニメイトも防げますし、「本質の反発」なら回復を無効にした上にダメージまで!

WS001514.jpg WS001541 (8) WS001487.jpg 

WS001499.jpg WS001500.jpg WS001496.jpg

WS001484_20121123110536.jpg WS001516.jpg

リアニメイトデッキに対しては、現状リアニメイト用カードが「堀葬の儀式」に限られるてるようなものなので「否認」も有効。

WS001515.jpg WS001542 (2)

なので、カウンターするという手法は90点以上だと思います。

「魂の洞窟」?知るか!割れ!!

WS001537.jpg WS001541 (2)


2.手札にある段階で捨てさせる

これは「脳食願望」くらいしかないけれど。キマればゲームから除外できて良い感じ。

WS001531.jpg

ただ、まあ、相手の手札に無ければ不発に終わる可能性もあるので…。構えてるだけでいいカウンターと比べると、ことスラーグ牙対策として考えた場合に、運に頼る部分が大きいか。

なので60点くらいが妥当かしら。

それはさておき、脳食願望の成功率を上げる作戦としては、先に「強迫」を使って相手の手札を確認する、とかがいいんじゃないでしょうか。どちらも黒1マナで使える軽いカードだからこその芸当。

WS001518.jpg

つっても、相手がスラーグ牙を4枚積みしてれば、撃てばそれなりの確率で当たりそうではある…かな?

それに!仮に相手の手札にスラーグ牙が無かったとしても、4マナ以上のフィニッシャー級カードを追放できるのは非常に強い!!

各種プレインズウォーカーに、修復の天使に静穏の天使にシガルダに雷口のヘルカイトに口蹄のビヒモスに至高の評決や終末やら!

これらのカードをたったの1マナで、しかも場に出される前にゲームから除外できれば御の字なんてもんじゃないでしょう!!これはもうサイドボードとか言ってないでメインデッキから4枚積みの強さ!!!

相手がウィニー系デッキだったら2戦目で入れ替えればええんや…(震え声)


3.唱えられなくする

おそらくこの対処法が限りなく100点に近い対策。姫様、100点です!

「金輪際」で詠唱を禁止しましょう。3マナのカードなのでタイミング的にも完璧。

WS001541 (3) WS001508.jpg WS001501.jpg

しかし、エンチャント故に白緑のデッキには「隔離された成長」、黒緑のデッキなら「ゴルガリの魔除け」に割られる可能性もあり、特にマッチの2戦目以降に対策されかねません。

そこで!

「殺戮遊戯」で抜き取ってやりましょう!!!

WS001506.jpg

こっちも4マナなのでギリギリ間に合うかも。しかも打ち消されないから邪魔されることもない!

なんなら相手が緑マナを出せる土地を出した瞬間に『「殺戮遊戯」で「スラーグ牙」を撃ち抜いてやんよ!』くらいの気持ちで臨みましょう。




B.出てから殺る

出てから殺る、ってのは場に出た時の能力でライフを回復され、場を離れた時のトークン生成能力も誘発させる上に、「修復の天使」に修復される可能性もあり、Aの方法と比べるとデフォルトで得点低め。

WS001527.jpg

それでも殺らなければ殺られるので、殺らないよりは断然いい。


4.がんばってブロックする


中でも点数低めなのがこれ。

スラーグ牙もビーストトークンもタフネスは3しかないので、例えばパワーの合計が3になるようなウィニー複数体でのブロックを繰り返せば一応どちらも倒せます。

しかし、失うリソースが大きく、しかも相手が攻撃してくるのが前提という受け身すぎる戦法とも呼べないような戦法なので5点です。むしろ、場当たり的で対策になっていないので0点でもいいくらい。

ただし、中には低コストで延々とブロックし続けられるカードも存在します。

「捕食者のウーズ」や「浮遊障壁」あたりがそう。

WS001542.jpg WS001486_20121123110535.jpg

両者とも低コストで、前者は破壊されない能力によってブロッカーとして非常に優秀、後者はタフネス6の壁なのでスラーグ牙を押さえ込んだ上に、飛行持ちなのでシガルダや静穏の天使のようなパワー5以下の飛行クリーチャーにまで対処可能。

どちらも普通のデッキにはなかなか入らないようなカードですが、その場凌ぎなブロックをするよりは断然いいですね。45点。


5.圧倒的パワー/タフネスのクリーチャーでブロックする

やってることは4.と同じですが、こちらは1体でスラーグ牙とビーストトークンを完封できるステータスのクリーチャーでブロックする、という戦法。

スラーグ牙が戦闘に関しては実質5/3(ビーストトークンは3/3)のバニラなので、ブロックするクリーチャーはパワーが3以上、タフネスが6以上あれば完封です。そして理想はコストが4~5マナ以下程度であること。

この条件を満たすカードとして、「冒涜の悪魔」と「暴動の長、ラクドス」が挙げられます。

WS001488_20121123110534.jpg WS001504a.jpg

「冒涜の悪魔」は攻撃・ブロックに際してデメリットがあり、「暴動の長、ラクドス」は召喚に条件がついてるのでアレですが、どちらも6/6の飛行持ちなので召喚に成功さえすれば静穏の天使やシガルダに対しても十分な抑止力になります。

結魂状態なら環境随一のパワーカード「ウルフィーの銀心」も有効ですね。

WS001536.jpg

ウルフィー自身が8/8確定、さらに相方も元の数値が0/2以上であれば無傷で5/3に打ち勝てるステータスになります。

もっと厳しい条件がつけば、「ゴルガリの死者の王、ジャラド」「裂け木の恐怖」「グール樹」なんかも一応…。

WS001502.jpg WS001541.jpg

でも、5ターン目までにコイツらを使えるかどうかは…微妙ね…。

スラーグ牙の攻撃を防ぐだけなら「絹鎖の蜘蛛」も範疇か。高タフネスと到達で静穏の天使やシガルダの攻撃も防げて、飛行クリーチャーにダメージを与える擬似ハリケーン能力もあるので、マナさえ支払えればそのまま天使やトラフト完封もあり得る。

WS001525.jpg WS001542 (2)

あ、「堀葬の儀式」でファッティを釣り上げる、という手段も4マナ~5マナあれば可能ではあるので間に合ってるか。

ま、これも相手の攻撃待ちという守備的な戦術には変わりないし、50点てところかしら。


6.能力持ちで殺す

これも大概リソースを失うやり方なのでどうかと思いますが。

WS001522.jpg WS001536a.jpg WS001509.jpg

「命取りの出家蜘蛛」の到達・接死ならスラーグ牙はもちろん、シガルダや静穏の天使なんかにも睨みを効かせられます。

「ウルフィーの報復者」も有力候補。3/3というステータスなのでスラーグ牙やビーストトークンと相打ちになりますが、再生があるのでマナさえ支払えれば失うリソースはほぼ0!しかも瞬速まで持ってるので、再生と併用したコンバットトリック的なブロックで一方的に殺ることも可能!

今流行の「ラクドスの魔鍵」も優秀なブロッカー。ミラディンの傷跡ブロックじゃないんだから、アーティファクトであることがネックになるようなカードもほぼ存在しませんし。

特に後者の2枚はパワー3の再生持ち&先制攻撃なのでスラーグ牙やトラフト(本体)を止めらるだけでなく、今の環境なら「屑肉の刻み獣」やケンタクルスこと「ケンタウルスの癒し手」などのタフネス3以下も押さえ込めますねー。

WS001495_20121123113622.jpg WS001498b.jpg

あとは呪禁持ちには無力だけど、「豪胆な勇士」みたいな除去能力持ちを使うって手もあるね。トークンのほうは……怨恨つけて無理矢理殺れ!

あ、「悪鬼の狩人」も一応除去になるのかな?下で挙げる「忘却の輪」とほぼ同様の欠点を抱えていますが。

「ウルヴェンワルドの足跡追い」もある意味で除去能力として機能するかも知れません。

WS001510.jpg WS001524.jpg WS001535.jpg

こうして見ると、先制攻撃持ちがブロッカーとして強力なのがわかりますが、環境に低コストでパワー3以上の先制攻撃持ちがいないのが問題なのよね。

じゃあ「ルーン唱えの長槍」を使おう(提案)

もちろん、パワーカードの「銀刃の聖騎士」でもええんやで。

WS001541 (4) WS001528.jpg

失うリソースが4.よりは抑えられるので20点。リソース失わずに確実に殺れるなら5.と同等の50点、ってとこかな。


7.呪文で殺す

呪文だけでスラーグ牙とビーストトークン両方に対処するとなると、最低2枚の呪文が必要になるのでアド損、ってことになるんですよねー…。

しかも、呪禁持ちには手出しできないし。

このやり方に点数をつけるならせいぜい15点~20点くらい。

その中で有力なのは同名カードをまとめて追放できるので、トークン戦術をとるデッキにも効き目のある「血統の切断」ですかね。

WS001541 (5)

ほかの単体除去には、スラーグ牙だけでなく静穏の天使や修復の天使にも有効な「究極の価格」、スラーグ牙や天使を殺すぶんにはデメリット無しの「夜の犠牲」(ただしダブルシンボル)、プレインズウォーカー対策にもなる「戦慄掘り」(ただしマルチカラー)、スラーグ牙を殺すには陰鬱達成という条件が必要だけどマナクリーチャーやシステムクリーチャーに有効な「悲劇的な過ち」、パワー5以上を追放する「セレズニアの魔除け」(ほかのモードのコンバットトリックでも殺れるかも!)、割られたらヤバイけど万能除去の「忘却の輪」&「拘留の宝球」、クリーチャーをただ殺すだけのSATSUGAIこと「殺害」、殺す以外に自分のクリーチャー強化にも転用可能な「穴開け三昧」……などいろいろある。

WS001489_20121123110711.jpg WS001541 (7) WS001498a.jpg

WS001540.jpg WS001505.jpg WS001511.jpg 

WS001497_20121123114023.jpg WS001519a.jpg WS001493_20121123115312.jpg

「飢えへの貢物」は…ないな。いらなくなったマナクリーチャーあたりを生贄に捧げられて終わるわ。シガルダが出てたら完全に死にカードだし。

全体除去には「至高の評決」や「終末」、「もぎとり」とかがある。これなら呪禁持ちにも有効。

WS001507.jpg WS001529.jpg WS001519.jpg

「終末」は奇跡じゃなくて素だしでも6マナだからスラーグ牙対策ならギリギリ許容範囲内と言えそう。

しかし、全体除去でリセットかけてもスラーグ牙がトークンを残して去っていくせいで相手側が有利になるため、大抵の場合、ただ単体除去を撃つよりも状況が悪くなりますよね…。

話は少しズレますが、この『呪文だけで殺る』やり方に15点ってつけたけど、あくまでスラーグ牙対策としての話で。

全体除去は呪禁持ちに対しては80点くらいの解決策だし、究極の価格はコストの軽さの割に静穏の天使や修復の天使やウルフィーの銀心あたりのパワーカードに有効。忘却の輪や拘留の宝球、戦慄掘りがクリーチャー以外にも効く強力な除去であることには変わりないです。今の環境ならスラーグ牙対策とか関係なくデッキに採用する価値のあるカードだと思います。


7,5.火力で殺す

「呪文で殺す」に含まれるので分けるのもどうかと思ったけど、一応。

WS001521.jpg WS001541 (6) WS001490.jpg WS001520.jpg

スタンダードのカードプールにおいて、1枚でタフネス3を殺せる火力呪文は、「灼熱の槍」・「硫黄の流弾」・「滅殺の火」、それと「炬火の炎」もそうかな。

あとはコスパの悪い「小悪魔の遊び」とか。フラッシュバック込みでトークンも殺せるで!(棒読み)

WS001542 (3)

素だしだとタフネス3を殺すのに7マナかかるので現実的じゃないけど、奇跡ならタフネス5で呪禁持ちのシガルダあたりまで十分射程圏内の「忌むべき者の篝火」もある。くっそ高いけど。

WS001532.jpg

プレーヤーには撃てないけど、「ミジウムの迫撃砲」も2マナでスラーグ牙やロクソドンの強打者を焼けて、さらに超過モードとの使い分けもできる優秀な火力ですねー。

WS001492_20121123110709.jpg WS001503b.jpg

しかし、火力だけで対処する場合に1枚のスラーグ牙を処理し切るのに2枚以上のカードが必要になるのは7.同様の欠点。15点です。


8.エンチャント等で無効化する

ただ殺すより意外と有効なのが無効化。

「平和な心」と「信仰の縛め」が該当。「忘却の輪」と違って、その場に縛り付けることでトークン生成を誘発させずに無力化できる点はポイント高いです。

WS001512.jpg

しかし、金輪際や忘却の輪と違ってエンチャント破壊だけでなく修復の天使によるエンチャント剥がしもウィークポイントとなるので、60点といったところ。

それに、実際にデッキに平和な心や信仰の縛めを入れたいかというと微妙なラインなので、実質的には50点以下の作戦かもしれませんね…。

他の無効化手段として、クリーチャーにタップ状態を強いるカードがあればそれも無効化に含まれるんだけど、環境にそういった優秀なタッパーがあまりいないのよねー…。実用に耐えうるのは「地下牢の霊」くらいかな…。

WS001539.jpg

また、現環境においてはアゾリウスの”留置”も無効化の一種なんだけど、”留置”関係のカードにトーナメントで実績を残してるカードがないので、こちらもナシですかねぇ…。


9.バウンスする

該当カードで実践レベルなのは「送還」・「破壊的大潮」・「サイクロンの裂け目」の3枚くらい。

WS001517_20121123115117.jpg WS001530.jpg WS001485.jpg

しかし、これはもうホントにその場凌ぎにしかならんからアカン…。

バウンスした場合、ライフ回復効果を2回、トークン生成を1回確実に誘発させるようなもので、まさに「死ぬよりひどい!」状態。なので最低ランクの5点。

厳密にはバウンスとは違うけど、「アゾリウスの魔除け」もタイムデストラクションになりますね。

WS001494.jpg

まあ、バウンスした返しで、あるいはブロッカーのスラーグ牙を排除するといった使い方で、そのまま勝てるなら別にバウンスでもいいんですけど。

それにトークンのほうに対しては完璧な除去として機能するし。

さらに、重めのカードが多い今の環境なら、また、自分のクリーチャーを守る場合や場に出た時に能力を誘発させるクリーチャーを使いまわす目的での使用も可能な「送還」はなかなかユーティリティの高いカードには違いありません。


10.こっちも同じクリーチャーを使う

究極的にはコレか。

もはや対策でも何でもない、ただのミラーマッチ()

相手がスラーグ牙で5点回復するなら、こっちもスラーグ牙出して5点回復。

相手がスラーグ牙で攻撃してきたら、こっちはスラーグ牙でブロックして、お互いのスラーグ牙が死んで、お互いにビーストトークンを出す。

ビーストトークンで攻撃してきたら、ビーストトークンでブロックして互いに消滅。

これでお互いに同じだけのリソースを得て、同じだけのリソースを失ってますね!素敵!

同じ方法がレジェンドルールに縛られるシガルダやトラフトにも有効。レジェンドルールで対消滅や!!

でもそんなに都合よくスラーグ牙やらトラフトやらを出せるか?と言われると難しい……と思いきや、青を使ってるなら「クローン」を4枚積めばよいよ!

WS001513.jpg

スラーグ牙や静穏の天使の能力は場に出た時と場を離れた時に誘発するものなので、クローンでコピーしたスラーグ牙等も両方の能力を同様に誘発させることができます。

もちろんレジェンドを対消滅させるのにも使えるし。

コストが(3)(B)という、そこまで重くなく、タッチ青でも十分使用可能、そしてなにより安いのがクローンの売り!対策カードとしてこれほど強烈なカードはないんじゃないカナ?

ま、ただ同じカードを使うだけだと、対策になってないという意味である意味0点ですが、トップメタとはそういうもんじゃないですかね。

一方、クローンを使う方は70点くらいの解決法かもしれませんよ。多分。






ちょっと長くなりましたが、これらの方法の中からいくつかを採用したデッキを組めばトップメタと渡り合えるんじゃないでしょうか。そんな気がします。

いっそセレズニアカラーのミラーマッチでもいいんですけどね。

ラクドスカラーで「殺戮遊戯」4枚積みの「どぶ潜み」バーン/コントロールとか面白いかも知れません。

WS001506.jpg WS001491.jpg

あ、どぶ潜みデッキじゃセレズニアの序盤のビートダウンすらしのげないかも…。

いや~、デッキ作りって難しいですねぇ(白目)
スポンサーサイト
プロフィール

yamanka

Author:yamanka
Twitterやってます。右下のリンクがそれです。むしろこっちのほうが連絡とりやすいです。

このサイトはリンクフリーだし(今一番リンクフリーなんじゃないかな?)、画像も自由に使ってください。ブログに貼ったり、友達に送りつけたりして怒られてください。商用利用は無しね。ごめんなさいね。

皆さんのサイトからリンクしてくれた時や画像転載した時はコメント欄かTwitter使って教えてくれるとありがたいです。見てニヤニヤしたいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。